青汁の効能まるわかり辞典 > ケールの栄養や効能

ケールの栄養や効能

青汁の成分といえば「ケール」です。アブラナ科の野菜であるケールは、原産は地中海地方で、栄養価がとても高くて強い生命力の野菜です。

ケールにはたくさんの栄養素が含まれていて、その多さは野菜の中で群を抜いています。
ヨーロッパなどでは普通に家庭料理に出されるケールですが、日本では食卓に並ぶことはほとんど無く、お店でも、ケールそのものを店頭で販売しているところは非常に少ないのが現状です。

ケールに含まれる栄養素は、ビタミン・カルシウム・βカロチン・カリウム・ナトリウム・たんぱく質・食物繊維です。
ケールによってもたらされる効能としては、今解っているものでは、生活習慣病の予防・コレステロール値の改善・ガン予防・高血圧の改善・腸の働きを正常化することで便秘解消・血糖値の上昇を抑える、などの効能があります。

生活習慣病は、ケールに含まれるさまざまな成分によって改善・予防されますし、食物繊維が豊富に含まれていることから、便秘はもちろん、コレステロール値が高めの人にも素晴らしい効果が期待できます。

他にも、β−カロチンやビタミンCには抗酸化作用がありますから、ガンの予防などになるわけですね。

以上に挙げたように、ケールには、現代の日本人が改善・予防したいと思っているさまざまな事に効果を発揮する成分が豊富に含まれていますね。

しかし、普通に口にする機会は日本ではほとんどありませんので、サプリメントや青汁などで、この栄養成分をしっかりと取り込んでいきたいものですね。

Copyright © 青汁の効能まるわかり辞典 All rights reserved.