青汁の効能まるわかり辞典 > 青汁の種類による特徴

青汁の種類による特徴(冷凍タイプ・粉末タイプ・サプリタイプ)

野菜不足が気になるから青汁を飲んでみようかな?と思っている方。青汁にはいくつかの種類があるのを知っていますか?青汁は、原材料や形別に数種類のものがあります。
原料別の種類についてはここでは少し置いておいて、形状別の青汁の種類について紹介します。

青汁の形状には、一般的によく知られている粉末タイプと、冷凍タイプ、サプリメントタイプなどがあります。

粉末タイプは青汁を粉末にしたもので、水などに溶かして飲むタイプのものです。1本1本スティック状になっているものも多く、作り方が簡単なのと、どこでも持ち運べる手軽さなどで人気のタイプになります。

最近では改良が加えられ青汁独特の味やクセが少なくなって飲みやすくなっているものも多く販売されています。それでも飲みにくい場合は、牛乳やハチミツなどで割って飲む方法もあります。これは粉末タイプならではの飲み方ですね。

粉末タイプよりさらにお手軽なのが、サプリメントタイプです。サプリメントなら、青汁独特の味や臭いなども気になりませんし、鞄の中に入れておけばいつでもどこでも青汁を飲む事が出来ると言うメリットがあります。青汁が飲めるかどうかに不安があるならサプリメントタイプがお勧めです。

最後に、冷凍タイプですが。これは青汁を冷凍しているものです。鮮度が良いことと、濃さが特徴で、本格的に青汁を飲みたい人にお勧めです。青汁の味などに不安がある人にはお勧めできないタイプですね。

Copyright © 青汁の効能まるわかり辞典 All rights reserved.